プレゼント

米寿とは88歳の長寿のお祝いをさしています。家族や親しい人、お世話になった人が米寿を迎えた場合には、喜ばれるプレゼントを贈りたいものです。

まずプレゼントの平均予算としてはおよそ5000円から10000円ほどといわれています。ほかの米寿のお祝いと比べた場合には同程度、もしくはやや高めの設定です。

米寿は8というおめでたい数字が重なっていることから、長寿祝いの中でもとくに重要視されているといえます。

米寿祝いのプレゼントを選ぶ際には、相手のライフステージをよく理解することが大切です。88歳という年齢にもなれば、自宅で過ごすことが多くなりがちです。

そのため自宅でよく使うものや、部屋に飾れるものなどをプレゼントすると喜ばれるでしょう。

しかしあまりにも大きなものをプレゼントしてしまうと反対に邪魔になったり、つまずいて転んでしまう可能性も出てくるので注意が必要です。

気持ちを込めて適度な大きさのものを選ぶことが大切になります。

もしも食べ物を贈りたいのであれば、飲み込みやすく、食べやすいもの、そして相手の好物を贈る必要があります。

あまり食べ慣れないものをあげるよりも、普段から食べているような安心できる食べ物を贈った方が喜ばれるものです。

プレゼントとして喜ばれるものとしては、まず一つ目に黄色いちゃんちゃんこが挙げられます。

長寿のお祝いには、還暦で言うと赤のような、それぞれイメージカラーがあります。

米寿の場合には黄色がイメージカラーで、お祝いの際には黄色いちゃんちゃんこを着るというならわしもあります。

現在ではちゃんちゃんこはそれほど使うものではないので、購入しない人も増えていますが、せっかくのお祝いなので1着用意してあげるのもよいでしょう。

また黄色いちゃんちゃんこを着てみんなで写真撮影をするのもおすすめです。

似顔絵

次におすすめのものは似顔絵の色紙です。

近年ではインターネットで注文することもでき、写真を提出するだけでイメージ通りの似顔絵を描いてもらえるので注文も簡単です。

これからも元気でいてほしいなどのメッセージを添えて贈るとなおよいでしょう。

贈ったその場では似てる、もっと若いなどとお祝いの席が盛り上がることも間違いのない商品と言えるでしょう。他の贈り物に添えて贈るのも喜ばれます。

そしてこれまでの感謝の気持ちを込めて花束を贈るのもよいものです。長寿を迎えた人はなかなか外出する機会も減ってしまうものです。

花や木などの自然と触れ合う機会も少なくなってしまうので、花束を贈ることで花の美しさやにおいに心がいやされます。

これまでお世話になった人へ感謝の気持ちをたくさん込めて贈りたいものです。

花束

花束を贈る際にも、イメージカラーである黄色系の花をメインに花束を作るのがお勧めです。

華やかなビタミンカラーの黄色やオレンジは、気持ちまでもが明るくなることでしょう。

そのほかにもクッションや湯飲み、お酒が好きな人であれば日本酒など様々なお祝いの品物があります。大切な人のことを思って喜んでもらえるものを選びましょう。

 

参考の関連記事∇米寿祝いにふさわしい商品|おすすめのプレゼント6選や一番大切なことについて