ダイエット

ダイエット中にビールを飲みたくなった時に、太らない為にどうすればよいかというといくつかポイントがあります。

まず飲む時は小さなジョッキを使うという事です。

ビール自体のカロリーは決して高いものではありませんが、それでも食事と一緒で沢山の量を飲んでしまえば体内にカロリーとして蓄積されてしまいます。

なのでどうしてもダイエット中に飲みたくなってしまい飲む時は小さなジョッキで、さらに何杯までと制限を決めておくと良いです。

制限を設けたくない場合は、一週間に飲む回数をあらかじめ決めておくという方法もあります。

お茶

休肝日を設けるというのも非常に重要です。

そして飲む時もスピードをなるべくゆっくりにして、間に水やお茶、カロリーの少ないソフトドリンクをはさみながら飲めばお酒の量を減らす事が出来ます。

またダイエット中でもビールを飲みたいのであれば外の飲食店で飲むという事もポイントです。

家で一人で飲んでいると自然と量も増えてしまいますが、外で飲めば周りに人がいますしお金もかかるので家で一人飲みするより量は減る可能性が高いです。

さらにダイエット中にビールを飲む時の大きなポイントがあります。

焼き鳥

それはおつまみ選びです。

お酒を飲むとどうしてもおつまみが欲しくなり、沢山飲めばその分おつまみの量も増えて、その結果沢山食べてしまいます。

しかしおつまみも太りにくいものを選べば摂取するカロリーを減らす事が出来ます。

例えば鳥のから揚げを食べるのであれば焼き鳥に変えたほうが良いです。

食べる際はたれではなく塩焼きを選ぶとカロリーを減らせます。

また焼き鳥でも手羽先や皮はカロリーが多いので控えたほうが良いです。

おつまみの定番である枝豆も悪くありません。

枝豆にはむくみを解消してくれるカリウムが含まれているのでおつまみとしては最適です。

他にもキムチや納豆なども発酵食品も食物繊維や乳酸菌が沢山入っているのでおすすめです。

するめ

さらにするめのようなかたいものもダイエット中のおつまみとしては良いです。

かたいのですぐには飲み込めず沢山噛むので食べる量を減らす事が出来ますし、タウリンが含まれているので肝臓の働きを助けてくれます。

ただイカといってもイカの天ぷらはカロリーが高いので控えたほうが良いです。

あとやはり、おつまみとして最も安心して食べられるのは野菜や海藻類です。

野菜スティックであればミネラルやビタミンが豊富で噛み応えもあるし沢山の量を食べてもその分お酒の量を減らす事が出来て問題ありません。

海藻サラダもワカメにはカリウムが豊富に含まれていますので体にも良いですがドレッシングのかけすぎには注意が必要です。

逆におつまみで控えなければならないものはから揚げやフライドポテトといった揚げ物や、ポテトチップスなどのお菓子です。

ラーメンやご飯などの炭水化物も糖質が高い為ビールと一緒に食べるのは良くないです。

このようにダイエット中にビールを飲む時のポイントはいくつかあるので、これらに注意して飲めば摂取するカロリーを少なく出来ます。