77歳のお祝いにプリザーブドフラワーをプレゼントする

プリザーブドフラワー

喜寿のお祝いはその名の通り喜ばしいものですから、それに合わせた華やかな御祝いの贈り物を準備しておきたいものです。

特に華やかなものとして思い浮かべやすいのはお花の贈り物ではないでしょうか。色とりどりのお花をお渡しする瞬間はとても華やかで相手の気持ちも浮き立つでしょう。

年齢を重ねたからこそこうした花などの自然を感じさせるものや華やかな見た目のものは嬉しく感じるという事もあるはずです。

しかし、お花を贈ろうとしている方はちょっと相手の状況を考えてみましょう。

ご家族がたくさんいて、お花のお水替えなどのフォローをしてくれるご家庭であれば豪華なブーケを贈っても喜ばれるかもしれません。

しかし、一人暮らしで花瓶も持っていないような場合に豪華なブーケを贈られても戸惑ってしまう方もいるものです。

花瓶の準備、毎日のお水替え、必要に応じて枯れたものを取り外していくなど、長くお花の美しさを楽しんでいくためには手を掛けなくてはなりません。

それでも数日程度の喜びですから、少しもったいないように感じます。

そこで、お祝いの気持ちや華やかな雰囲気を手軽に長く楽しんでもらえるように工夫をしておくことが必要です。

プリザーブドフラワーギフト

オススメはプリザーブドフラワーギフトです。

綺麗な生花のままの色や質感を給った状態で特殊な加工をして乾燥させ、長く持つようにしたものです。

普通のドライフラワーでは色が暗くくすんでしまい。色の鮮やかさや生気を感じられないので華やかさを感じにくくなります。

年を取ったということを認識させてしまう事にもつながりやすく、お祝いの贈り物としては適さないということになりがちです。

その点プリザーブドフラワーはきれいな見た目ですし、そのまま飾って保管しておくことも可能です。

生花のように手間をかけて水替えなどをする必要もなく、そのままボックスやアレンジメントの形で飾ることができます。

手軽で美しく華やかな気持ちにさせてくれるものとして喜寿のお祝いに相応しいものと言えるのではないでしょうか。

既にプリザーブドフラワーとして製作されているものを購入して送るという事もできますが、自分で作って贈るという方も多くなっています。

想像する

手間をかけることも相手への思いを示すことにつながります。

喜寿のお祝いを贈る相手は身近な人であることも多いですから、ぜひ相手のことを思い浮かべて好きな色や花を取り入れたオリジナルのものを作り上げてみましょう。

男性であまりお花を好まないという方も、そのまま飾れるものなら取り入れやすいですし、暮らしの中に華やかなうるおいを与えることができます。

女性の方はほとんどの方がお花を好まれますが、年齢とともにガーデニングが難しく、縁遠くなってしまうという方も多いものです。

そういった方にも手入れの必要がなく華やかさをプラスしてくれるプリザーブドフラワーはギフトとして向いています。

ぜひ喜寿のお祝いに迷ったらプリザーブドフラワーギフトを候補に入れてみましょう。

 

参考記事∇喜寿のお祝いにプリザーブドフラワーギフトはいかがですか