米寿のプレゼントに万年筆が人気の理由

万年筆

米寿のプレゼントに万年筆が人気ですが、その理由は使い勝手が良い事や、味のある字を書くことが出来る事、持ち歩くことが出来て利便性が良い事、そしてお洒落感もあることやステータス的な感じもあるからでしょう。

まず使い勝手が良いという事ですが、ちょっとした署名などに使うことが出来て、ボールペンのような素っ気無い文字にはならなくて、太くにじませたりとちょっとした技のような事を使うことも出来ます。

つまり、味のある文字を書くことが出来るというわけです。

今の様にデジタル化が進んだ時代では、漢字がとても魅力的なものとして感じられることがあるように、同じ文字を書いても万年筆とその他とでは文字のデザイン的な美しさが違うので、このことがイメージ出来るプレゼントは嬉しいわけです。

当然自分だけのオリジナルティのある字を書くことも出来るので、自分のモノという感じがするのも嬉しいところです。

軽い

そして、小さいモノですから持ち歩くにも不便を感じることもありません。軽いので重さが気になるような事もないはず。

ポケットなどに万年筆を入れて持ち歩くようになるとちょっとした仕事できるアピールにもなるかもしれません。

そこまでいかなくても実用的であるという事は間違いないでしょう。

実用的でちょっとだけ高級感を出せて、それが自然にいやみなく出来るというイメージが出来るのが喜ばれる理由かもしれません。

特にいま米寿を迎えるような世代は万年筆を若い時に使ってきたという事もあるでしょうから、ノスタルジックな感傷に浸れることもあるのでしょう。

実際に今のデジタル化の時代に使うことはほとんどなくなってきているはずですが、そうした思い出がある人に取っては、こうしたプレゼントは自分へのご褒美的な感じもして嬉しくなるものです。

砂時計

これまで自分がやってきたことが、頭の中で蘇ってくる気がすることでしょう。人は過去の事を思い出すというのは、実はかなり楽しい作業だったりします。

何故なら過去の事はかなり美化されて記憶の中にしまわれているので、思い出すことはそれほど苦しいことではありません。

苦労をしたような事であっても、あの頃は大変だったなあというように昔のこととして割り切って思い出すことが出来ます。

今の若い人たちはデジタル化された社会で育っているので、こうした昔の人の使っていた道具に対する愛着はいまいち想像が出来ないかもしれませんが、昔を思い出させてくれるプレゼントはかなり嬉しいモノです。

それが使える物であり、ちょっとしたことに役立つというだけで、それは持っている価値がある物ということになります。

万年筆のようなモノは軽くて持っていて何も苦になる事はないのですから、普段着る一番上の服に付けておいて持ち歩くようにしたり、机の一番上にしまっておいて、使える時に使うというような事も考えたりするでしょう。

いろいろなところで使えるという事もこのプレゼントの嬉しいところです。